タバコとインプラント

8020運動というものがあるのをご存知でしょうか。
これは80歳で20本の自分の歯を残せるようにしよう、という運動です。
歯の健康のことを考えて食生活や歯磨きなどの習慣を根付かせる、ということが目的のものとなります。
わざわざ目標とするということからも、自分の歯を年齢が重ねても持ち続けるということが難しいということがわかるでしょう。

実際に歯が抜けてしまったり、抜かなければならなくなった場合には、入れ歯や差し歯等を利用して自分の歯の変わりをさせるというのが今までの一般的な方法でした。
しかし、これらには問題点も多く存在していたといえるでしょう。

これらはそもそも心理的抵抗が強い、ということが1つ挙げられます。
異物感を常に感じることになってしまうため、装着自体を嫌がる人も少なくありません。
さらに、汚れなどを取り除くためのメンテナンスを綿密に行う必要がある、といったデメリットもありました。
雑菌が繁殖しやすいため、口臭や歯周病の原因になってしまいやすいためです。

しかし、医学の進歩と同じように、歯科医療の技術も進歩しました。
最近多くの人に利用されるようになっている代替歯技術であるのが、インプラントです。
骨自体に人工歯を埋め込んでしまうことによって、まるで本当の歯が蘇ったかのように利用出来るとして注目を集めています。

ただ、このインプラント手術は行うのが難しい人がいます。
それが、喫煙者です。
では、インプラントとタバコにはどんな関係があるのでしょうか?



□管理人推奨外部リンク
インプラント治療だけでなく虫歯治療も受けられる東京のインプラントセンターのサイトです … 東京のインプラントセンター

Copyright © 2014 インプラントとタバコの関係 All Rights Reserved.